忍者ブログ

[PR]

2017年08月19日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8/30(土)練習について

2008年08月31日
おはようございます。

もう一人の副団長(Tuba)の小林です。

天候の移り変わりも激しく、ゲリラ豪雨が頻繁にやってくる今日この頃ですが、

気温変化も激しいので、風邪を引かないように是非気をつけてください。



さて昨日の練習内容ですが。。。

ぴゅあフェスタに向けた練習が始動しました。

出席人数はCl:1 Fl:1 Sax:2 Tp:1 Hr:2 Tb:4 Tuba:2 St.B:1 Perc:3 の

合計17人 + 音楽監督兼指揮者のA先生です。

大ヒット映画公開中のジブリ作品の「崖の上のポニョ」と

この時期ウエストウインドでは恒例の曲「故郷」の合奏をしました。

ポニョは意外となかなか手強く、奥が深い。さすが久石譲氏の作品です。

故郷は合奏の楽しさや難しさを教えてくれる曲です。

17人でも集まった方ですが、もう少し人数が増える(特に高音楽器)と

もっと楽しくなりそうですね。

その中でも、団長の教え子のClのS君が練習に来てくれたことは心強いです。

もっと人数が増えて、より楽しく音楽ができるように、団員一同が努力しましょう。



その他の出来事とすれば、St.BのR.S氏がいよいよMy楽器を購入しました。

少し小さいコントラバスですが、音の鳴りが良く、見た目も味わいのある楽器です。

同じバスパートとしましても、とても微笑ましい出来事でした。

ちなみに僕も春に、日本では非常に珍しいバストランペットを購入しました。



Tubaで有名なマイネルウェストンというメーカーの楽器で、ルックス、鳴り、音色ともに

非常に素晴らしい楽器です。唄口はTbの細管で、Tpより1オクターブ低く、

オペラ王のR.ワーグナーが考案(正しくは改良)した楽器です。

Mnozil Brassのレオンハルト・パウル氏の奏でる音色に恋をして買いました。

但し、非常に珍しい楽器ですので、使われる曲がとても少ないです。

ワーグナーの「ニーベルングの指輪」、ストラビンスキーの「春の祭典」、

ヤナーチェクの「シンフォニエッタ」等の数曲しか出番が有りません。

なので今後の課題はバストラをどう復興させて、出番を増やしていくかです。

そういえば昨日、音楽監督のA氏が人目を盗んで勝手に吹いてました(笑)。

話が脱線しましたが、楽器を買うと音楽への思い入れが強くなると思いますので、

是非素晴らしい楽器を買って、楽しいミュージックライフを過ごしましょう。

但し、ご購入は計画的に。では、また来週。
PR
Comment
バストランペット
ネット検索していたらたどりつきました!
マイネルのバストランペットは憧れです!!
もし、、、
よろしければ、いくらで販売されていたか教えていただけませんか??
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字